口座を持ってて良かったです

大学を出て会社員になった時、給与振込口座をみずほ銀行に指定されました。これは会社の総務部に感謝してます。

自分だったら、今まで口座があった地銀のままだったと思うので。

クレジットカードも作り、毎月給料が貰えるので安心してしまい、服を買ったり飲み会に行ったりと結構散財しました。

入社二年目の夏、ボーナス払いのカード決済が溜まってほぼ残高ゼロなのに、秋の結婚式に二組から呼ばれてしまいました。片方は飛行機に乗る距離です。

交通費の半分は出してくれるだろうと思いつつ、でも最初からそれを確認するのもカッコ悪い。
会社の同僚と大学の友達、どちらとも仲良しなので、断りたくないけどお金が無い。

親に借りることも考えましたが、「ちゃんと貯金しておきなさいよ」と常々言われていたことを思い出し、藪蛇だなぁと断念。

どこかから借りるしか無いとネットで調べてみたら、いとも簡単にみずほのカードローンって出てきました。

口座を持っていれば手続きもネットで完了です、と。こんなに有り難い話はないわ!と飛びつきました。

給与振込もしてるし、カード決済も止めたことはないし、与信はバッチリだ!と。借りるお金は30万だけ。

手元に通帳を用意するだけで、証明書類も何も必要なく申し込み完了です。ホントにこれだけでいいのかと不安になるほどでした。

しかも銀行カードローンって金利が少し低いんですね。大手消費者金融の利率だと18%とか見ていたので、14%と表示されてホッとしました。

冬のボーナスも含め、三ヶ月で完済出来ました。とっても簡単だったので、またピンチになったらここだな、と思っています。

お金を借りるなら、みずほ銀行のカードローンがお勧めですよ(‘ω’)ノ

詳しくはこちら→貸し入れ

特に、みずほ銀行の口座をお持ちの方にお勧めのカードローンとなっています。

高還元率なクレカ(クレジットカード)でポイントを貯める

現在、リクルートカードプラス、リクルートカード(VISA)、シェルPontaクレジットカード、ビックカメラsuica カード、セゾンパールアメックス、楽天銀行カードの6枚のカードを所持・利用しています。
1年半ほど前まで、メインカードをアメックス・ゴールド、サブカードとして楽天カード(JCB)を利用していましたが、Pontaポイントを貯める、おサイフケータイ機能のフル活用で日常生活を便利にしたいという考え方で、1年ほど前にクレジットカードを見直し、あえて、複数枚利用をしております。

ちなみに、年間約30,000~40,000ポイントのPontaポイントが溜まりますので、じゃらん経由でポイント利用することで、無料で毎年2月に、小2の息子が大好きな大分県別府市の杉乃井ホテルへ家族で宿泊しています。
余ったPontaポイントは、JALマイルへ交換しています。

リクルートカードプラス:
電気・ガス代・NHK放送受信料・家族全員のケータイ利用代金・保険料など、毎月必ず支払うものを最も高還元率なリクルートカードプラスで支払い。
セブンイレブンでの買い物とクレカ払いに対応していない水道代の支払いで、リクルートカードプラスでナナコチャージして支払い。

リクルートカード(VISA):
スマホのおサイフケータイ機能のedyチャージのみで利用。
ポイント設定はPontaポイントが溜まる設定、チャージと利用で1.7%Pontaポイントが溜まります。
最も利用する近所のスーパーでedyが使えるので、スーパーでの買い物代金の支払い用と、たまに行く牛丼チェーン店すき家での支払いで使用。
edyチャージのみなので、基本的に自宅に保管しています。

シェルPontaクレジットカード:
近所のシェルのガソリンスタンドで自家用車の給油用に作成しました。
こちらのスタンドでは、毎週水曜日、シェルPontaクレジットカードで給油・車検・部品の交換などの費用を決済すると、もともとの1%ポイント還元に加えて+3%ポイントがボーナスポイントとしてもらえるので、恐ろしいペースでPontaポイントが溜まっていきます。
例えば、車検で10万円程度の出費が出れば、水曜日だと4,000Pontaポイントもらえます。

ビックカメラsuica カード:
1年に数回、出張やプライベートで上京しますが、首都圏に到着してから、各駅の券売機でいちいち切符を買うのがめんどくさいので、取得したクレジットカードです。
また、関西・広島・福岡へも1年に数回、出張やプライベートで行きますが、その際も、このカードのモバイルsuicaのエクスプレス特約を契約して、山陽新幹線も割安に利用しています。

セゾンパールアメックス:たまに家族で行くコストコでの決済専用カードです。

楽天銀行カード:日本株・投資信託などで楽天証券を利用していることで、楽天銀行の銀行口座を開設し、クレジットカード決済用口座として利用しています。
もちろん、買い物で楽天を利用する時の決済用としても利用しています。

いずれにしても、クレカは使いすぎに注意です。
調子にのって、使いすぎて支払いができなくなると、金融信用も落ちますし、最悪、ローンができなくなったり、クレカが新規で数年間作れなくなるなどの可能性が高くなります。

友達にこの話をしたら、ものすごくびっくりされました。
その人は、アコムマスターカードを持っていて、そんなにカードを使い分けるなんてすごいね、もっと自分にも教えて欲しい、と言われたので、今度また詳しく話してあげようと思います。

ムダ毛処理方法と脱毛サロン

私は、1年ほど前から広島の脱毛サロンに通っています。

中学生のころからムダ毛処理を行っており、毛が濃いことがコンプレックスでした。

カミソリを使って処理をしていましたが、毎回面倒くさいし、毛が太くなっている様な気がしていました。

数年前から脱毛サロンは気になってはいたのですが、なかなか一人で通う勇気はなく、ある日友人の紹介で通い始めることになりました。
※興味のある方は⇒レーザー脱毛広島※広島で医療脱毛(永久脱毛)が受けれるクリニック

処置箇所は「ワキ」・「ひじ下」・「ひざ下」の3か所です。

全身脱毛をしようと思ったのですが、経済的な問題で難しく、一番毛が濃くて気になっていたワキ、そして人目に付くひじ下・ひざ下の3か所に絞りました。

よく「脱毛サロン=痛い」という印象を持ってる方が多く、「痛くないの?」と聞かれることがあります。

個人差はあると思いますが、痛みは全くありません。
ジェルを塗られ、電子機器をワキに当てられ数分後終了。

「え!もう終わり?」と初めてのころは、痛みのなさと処置の速さに驚きを隠せませんでした。

脱毛サロンに通う以前のムダ毛処理方法は「剃る・抜く」でした。
ですが皮膚が弱いため、すぐ赤くなり湿疹が…。

なので冬、長袖で肌を出さない時期はムダ毛処理を怠っていることが多く、夏は剃る行為を繰り返し肌が荒れ、皮膚科に行くことも少なくありませんでした。

脱毛サロンに通い始めると、剃るという行為は望ましくないらしく、いろいろな「脱毛クリーム」を試してみたのですが、こちらも皮膚に合わず肌荒れが…。

皮膚が弱いということをサロンに相談してみると、剃る行為はますます毛を濃くしてしまうのでお勧めできませんが、電気シェービングならいいですよ!との回答。

それ以降、電気シェービングで全身のムダ毛処理をしています。

電気シェービングは高いものから安いものまでありますが、1500円程度で自分に合ったぴったりのものを、家電量販店で見つけることができました。

今では、処置箇所以外も電気シェービングでムダ毛の処理を行っています。

脱毛サロンに通い始めて1年たちますが、今では1か月に2回ほどの処理でもムダ毛が目立たないほど効果が表れています。

収入証明書

私がお金を借りたいと思ったときといいますのは、今年の頭に起こりました。
昨年の12月に私の母が足を骨折してしまったんです。それで母は救急車で運ばれまして
その日から即入院となりました。全治1ヶ月ということでしたが、なにせ我が家の生活状態はかなりの貧困状態にありまして、今回の母の入院費はどうしようかという状態になり家族会議ものでした。私はちゃんと働いているのですが、収入があったりなかったりでとても不安定なんです。

この時は、月末に病院からの請求書が母を見に行ったときに、看護師さんから渡されました。金額はなんと、7万8千円でした。その時点では、我が家の全財産は4万円くらいでした。当然それは生活費でした。私の次の収入は月末に入る予定なのですが、この支払いは、27日までにお支払いください。と書いてあるではありませんか

私は、この時ばかりをは、本当に困りはてました。それで、銀行からお金を借りるしかないなと思いました。それで、銀行へ行ったんですが、収入証明書がないと借りることはできないと言われました。収入証明書は通帳でもいいということだったのですが、この時私は、通帳を見せる勇気はありませんでした。全く安定した通帳ではありませんから、銀行が信用するとは思えないと私はふさぎこんでしまいました。結局のところ、私は諦めることにしました。

帰る途中にいろいろ考えたのですが、その時郵便局ならどうだろうかと考えたんです。それで私は、銀行を後にして、近くの郵便局へ行くことにしました。またそこでも、お金を借りる話をお願いしたのですが、郵便局も銀行と同じでした。やはり、収入証明書というものが必要だったのです。
仕方なく私は肩を落としたまま、郵便局を後にして、最後の切り札だと思い、地元の農協へ行きました。農協ならなんとなく貸してくれるような気がしたのですが、まったく私の甘い頭でした。農協も収入証明書がないと、貸すことはできないということでした。完全に私は途方に暮れました。この時ほどお金が借りたいと思ったことはありませんでした。

最終的には私の姉に助けられたのですが、姉弟には迷惑かけたくないものではあります。

しかし後々調べてみると、収入証明書不要でお金を貸してもらえる銀行カードローンがあるのですね・・・。専業主婦でも利用可能らしいので、不安定とはいえ収入のある私でも借りられたと思います・・・。※⇒主婦でも借りれる

どこにでもあって安心できる宝くじの銀行さん

私が思うみずほ銀行さんのイメージって、“宝くじ!銀行”ってゆうイメージがあります。

私はいつも季節ごとに年に4回宝くじを買います。そして、当たったら自分が持っているみずほ銀行の通帳にお金がたくさん入る想像をするだけで楽しいです。

実際に入ってくれれば尚嬉しいのですが、いまだに口座に入るほど当たった事がないのが残念です。でも大口を当てたらきっと奥にある応接間みたなところに通されて・・・なんて想像はみなさんもしているのかもしれませんね。

でも、本当に便利ですよね。みずほ銀行のカードを持っていればとりあえずどこでもカードでお金を引き出せるだろうとゆうイメージもあります。

実際にコンビニや大型ショッピングセンターにはたいていみずほ銀行のATMがあるので安心できます。

私が以前働いていた会社は、みずほ銀行さんの通帳に給与が振り込まれるので、食堂の中にみずほ銀行さんのATMだけ置いてありとても便利でした。

それに、以前ですがしばらく使っていない時期があって、久しぶりに使ってみたらカードが使えずお客様センターみたいな問い合わせ場所に電話した時、とても親切な対応をしていただきました。

コールセンターみたいなところってなんか機械的な対応や喋り口調のところが多いですが、その時に対応して下さった方はとても良い方でした。さすが大手銀行なだけに教育も行き届いている感じがしました。

今は昔と違って銀行も潰れる時代だと言いますが、みずほ銀行さんだけは絶対に潰れないんじゃないかとゆう勝手なイメージがあります。

大事なお金を預けるので、やっぱり安心感と信頼感ってすごく大切ですよね。

いつか宝くじを当てて、みずほ銀行さんの応接間に入って、大金が入っている口座を眺めたいものです。その日がくるのを楽しみにしています!